剣道袴にある「五倫五常の教え」

剣道袴

剣道袴には前に五本のヒダがあります。

「当たり前だろう!」と思う方もいるかも知れませんが、剣道愛好家のあなたに知っていただきたい豆知識があるのです。
「五倫五常の教え」というものを聞いたことはありますか?

剣道袴の、この5本のヒダには「五倫五常の教え」というのがあるんです。
これは、「五倫五常の道を諭したもの」とされています。

ちょっと、難しいですね。僕も書いていて意味がわからなくなってきました(^^)細かく、お話ししていきましょう。

五倫とは、儒教における五つの基本的な人間関係を規律する五つの徳目

●君臣の義
●父子の親
●夫婦の別
●長幼の序
●朋友の信


五常とは、儒教における、人が常に守るべき五つの徳目
●仁
●義
●礼
●智
●信

これらの、五倫五常の道を諭しているのです。
たかが剣道袴にも、このような深い意味があるのですね。

ちなみに・・・・後ろの一本のヒダ。こちらにも深い意味があるのです。
男子として二心のない誠の道を示したものと言われています。